中国語翻訳を格安料金でお探しの人へ!

日本生まれの中国人の中国語翻訳の得意分野に関する違い

日本生まれの中国人と中国生まれの中国人には、中国語翻訳の得意分野に大きな違いがあります。

日本生まれで日本育ちの中国人は、両親から中国語を学んでいることが多く、中国語に関しても、読み書き会話の全て出来るのが一般的です。

どの程度熱心に教わったか、どんな家庭環境だったかにより、その差は大きく変わりますが、最低レベル以上には出来ると思っていいでしょう。

とはいっても、彼らは日本生まれの日本育ちなので、母国語は日本語となります。

もちろん教育の環境次第では、どちらも「ネイティブレベル」という人も多くいます。

とは言いつつも、どちらが得意?と訪ねられれば、日本語でしょう。

それは普段の生活で、読み書きでも会話でも多く使うのは日本語だからです。

また、中国語翻訳をさせても得意分野には違いがあります。

もちろん日本語と中国語の両方が、問題なく読み書き会話出来るレベルでの比較にはなります。

そのような条件で比べると、日本生まれの中国人は中国語から日本語に翻訳するのが得意です。

逆に日本語をネイティブクラスに覚えた中国生まれの中国人は、日本語から中国語に翻訳するのが得意です。

正確には得意というよりも、翻訳スピードが早くなるのです。

普段使っているのが日本語なので、日本語は考える一瞬もなくわかるようです。

それに比べて中国語は、一瞬とはいえ頭で考えるので、一瞬つまるのです。

ただし、中国に1ヶ月くらい戻っていると中国語脳に戻るようで、一瞬つまるのは日本語に変わるようです。

中国語翻訳 & Communicateは、1文字あたり6円からの格安料金の翻訳です。

1分で終わる!中国語翻訳の問い合わせ & 見積もり

お急ぎの方はお電話で!03-6868-5697(直通)

どうして翻訳スピードに差が出るのか?

これには、中国生まれの中国人が日本語を覚えた時と、日本生まれの中国人の環境による違いがあります。

それは、日本語を覚えにきた中国人は間違いなく母国語が中国語で、日本生まれの中国人は母国語が日本語である! ということです。

「当たり前じゃん!」と思われるかもしれませんが、これは翻訳をする上で得意不得意がわかれるようです。

日本生まれの中国人は母国語が日本語なので、脳内での日本語変換が早いのです。

中国生まれの中国人はその逆で、脳内では日本語から中国語に翻訳する方が早いのです。

英語学習でも基本的に、「この英単語の意味は日本語でこういう意味」みたいに覚えるのが普通なのと同じです。

日中翻訳※1と中日翻訳※2の料金差に関して

上記の件から、中国人をそのまま翻訳者として使うことが多い企業では、基本的に中国語から日本語語に翻訳する方が料金は高くなります。

理由は上記の通りで、中国語脳の人は中国語から日本語に翻訳する方が、若干スピードが必要だからです。

その逆で日本語脳の中国人は、中国語から日本語に翻訳する方が早くなります。

ただし& Communicateでは、ネイティブ中国人による2重チェック以上を原則としています。

また最終チェックには必ず翻訳責任者が関わるので、日中翻訳※1も中日翻訳※2も同じ料金としています。

安心して、中国語から日本語への翻訳も中国語から日本語への翻訳もご依頼ください。

  • ※1 日中翻訳:日本語から中国語へ翻訳すること。
  • ※2 中日翻訳:中国語から日本語へ翻訳すること。

ページトップに戻る