中国語翻訳を格安料金でお探しの人へ!

インバウンド対策には、中国語が絶対オススメです!

今、インバウンド対策をするなら何処の国の言語がいいのか迷うところかと思います。

この中でも最後まで迷うのは英語、中国語、韓国語の3種類かと思います。

ですが、この中でなら最もオススメ出来るのは絶対に中国語です。

もちろん他の2言語がおろそかにして良い言語かと言われれば、そんなことは全くありません。

ですが現段階で先を見据えると、インバウンド対策で一番効果を期待できるのが中国語翻訳なのです。

中国語翻訳 & Communicateは、1文字あたり6円からの格安料金の翻訳です。

1分で終わる!中国語翻訳の問い合わせ & 見積もり

お急ぎの方はお電話で!03-6868-5697(直通)

なぜインバウンド対策で中国語翻訳が効果的なのか?

インバウンド対策において、もっとも効果の高いと考えられるのは中国語翻訳です。

まず英語ですが、一見一番インバウンド対策に効果がありそうな言語にも思えます。

中国人や台湾人の中にも英語を理解する人は一定数いますし、ヨーロッパやアジアの人にも英語を理解できる人はそれなりにいます。

ですが、英語を母国語とする人口はそこまで多くありませんし、中国語ほど爆発力のある購買が期待できる層ではありません。

また、なんとなく理解できる人も多いことから、ちょっとした文章の間違いが起こすマイナス効果も大きいのです。

次に韓国語ですが、これは母国語とする人口が英語や中国語に比べると、圧倒的に少ないこと、中国人の購買力には遠く及ばないことが一番には選ばなかった原因です。

最後に中国語翻訳ですが、一番オススメできる要因は、近い将来の見込み客が圧倒的に多いからです。

今現在でも購買力や観光客数で1位の中国ですが、台湾と同じように今後日本に旅行に来る人の数は計り知れません。

今はまだ日本を訪れている観光客の数は、数百万人程度ですが、これは中国の人口から考えると100人に1人以下です。

この数字が台湾の観光客並に増える可能性を考えると、今の10倍以上の中国人観光客が訪れる可能性も0ではないのです。

上記のような流れから、中国人観光客だけで、年間2,000万人を超えるという予測を立てている人も多くいます。

更に購買力も圧倒的1位なので、迷わず中国語を選ぶのが結局は一番のインバウンド対策になるかと思います。

中国語、英語、韓国語の中でどれを優先するべきか迷っている人は、一度中国語翻訳 & Communicateまでご相談頂けますと幸いです。

2016年1月時点では韓国語への対応はおこなっていませんが、中国語簡体字、中国語繁体字、英語への対応はおこなっております。

ページトップに戻る