中国語翻訳を格安料金でお探しの人へ!

中国が嫌いとか言ってられる時代じゃなくなるかも・・・

ほとんどの日本人が既に気付いているかとは思いますが、中国はもはや嫌いとか言ってられる時代ではなくなっています。

それほどまでに中国人の勢いは強く圧倒的です。

観光客の爆買いによる買い占めはもちろんのこと、企業買収やマンション買収なども盛んです。

中国からの観光客の消費量も圧倒的1位でもあり、中国人の影響力の強さを感じます。

中国語翻訳 & Communicateは、1文字あたり6円からの格安料金の翻訳です。

1分で終わる!中国語翻訳の問い合わせ & 見積もり

お急ぎの方はお電話で!03-6868-5697(直通)

日本人が中国を嫌いな理由

まずは国同士の揉め事が絶えないことです。

領土問題や歴史問題は、それらの代表的存在です。

これらを両国のメディアは面白がって取り上げるので、お互いの国に嫌いな人は一定数以上います。

次に嫌いな理由として大きいのは、マナーが悪いことでしょう。

とはいえ、上海などはかなり日本に近いとまではいかなくても、マナーレベルも随分高くなってきていると思います。

主に日本でマナーが悪いとされる中国人は、地方の人たちです。

彼らの教養レベルは正直高くはないので、日本に来ると結構目立ちます。

ですがこれも、発展途上国ではよく見られるレベルです。

また中国人は商売根性がすさまじく、著作権の無視やルール無用的な文化が大きいので、地方の成金も相当数います。

これは他の発展途上国との大きな差かもしれません。

今後の中国や中国人との付き合い方

それでも、嫌い嫌いではやっていけないほどに中国が発展したのも事実です。

彼らの文化を受け止め、嫌いでも上手くやっていく方法を探していくことが今後の日本にも日本人にも求められそうです。

でもこういった問題って中国人で仲の良い友人が出来れば、大体は解決しちゃうんですけどね・・・

中国人の友人がいるのに、「中国は大嫌いだよ!」みたいな発言ってしにくくなります。

これからは、そういった人もお互いの国で間違いなく増えていくことでしょう。

国同士で仲良くなるかどうかは別ですけどね。

そういったことから、中国語翻訳も今よりもずっと当たり前になってくるとは思います。

ページトップに戻る