中国語翻訳を格安料金でお探しの人へ!

中国語翻訳の本当の需要はどれくらい?

中国人観光客が年々増えるにあたって、中国語の需要が高まってきています。

当然それらの需要に伴って、中国語翻訳自体の需要も高まってきていると言えます。

まず中国語に関する客観的なデータですが、 中国語を母国語とする人口は13億7,000万人と言われています。(標準語の北京語は8億人以上)

これは2位の英語が5億3,000万人であることを考えると、圧倒的な世界1位と言えます。

また、インターネットで使用されている言語では、中国語は世界2位となっています。

しかし1位との差は5,000万人程度なので、数年以内には確実にインターネット人口でも1位になることでしょう。

更には、経済はそこまで成長せずとも、これからも中国国内における中流人口は増えていくとされています。

この現状において、「中国語が需要がない!」 とは、もう誰も言えないはずです。

中国語翻訳 & Communicateは、1文字あたり6円からの格安料金の翻訳です。

1分で終わる!中国語翻訳の問い合わせ & 見積もり

お急ぎの方はお電話で!03-6868-5697(直通)

日本では今後、さらなる中国語翻訳の需要が高まる

日本と中国は仲が悪い、反日などと言われたりもしますが、中国国内には日本ファンの中国人富裕層が大勢います。

また中流階級層やそれ以外の人でも、アニメや食事でファンになって、日本に遊びにきてくれる観光客は大勢います。

今後も日本への中国人観光客は増え続けていくとされていて、年間観光客数が中国本土からのみで2,000万人を突破する! とも言われています。

さすがにそこまで伸びるかは正直わかりかねますが、今後も5〜10年程度は観光客数も伸び続けるのでは? と、わたしどもも考えております。

当然、中国人の増加にともない中国語翻訳の需要は今以上に高まります。

そうなれば、中国語翻訳を必要としたサービスは、今より増えるのは確実です。

更には、経済力も日本と中国は大分前に逆転していて、最近では中国も技術力等でも少しずつ台頭してくるようになりましたよね。

また、国同士での仲はイマイチでも、ビジネス相手として中国や中国人と付き合いのある人は、現時点でもかなり大勢います。

チャイナリスク等と言われて、中国を撤退する企業もたくさんありましたが、今後も中国が日本にとって大きな存在であることに変わりはありません。

ということは、中国語翻訳も引き続き需要があると言えるのです。

中国人をターゲットとして視野に入れるかどうか、迷っている人も多いかとは思いますが、既に視野に入れるかどうかではありません。

今後は、視野に入れざるを得なくなるのです。

それほどまでに、中国語翻訳の需要は高まり、中国語対応の必要性も重要になってきています。

ページトップに戻る