中国語翻訳を格安料金でお探しの人へ!

台湾語翻訳と中国語翻訳の違いについて

台湾語翻訳と中国語翻訳の違いって何だかわかりますか?

実のところ、中国と台湾で使われている言葉は非常に似ています。

本来の台湾語では、中国語との発音はかなり違いますが、実際に普段の会話で使われているのは中国語です。 (台湾の標準語は北京語)

もちろん中国語と言っても、中国と台湾では発音などに多少の違いはありますが、話言葉はかなり近いといえます。

実際、中国人と台湾人が会話しているのを見ていても、ほとんど問題なくコミュニケーションがとれるんです。

翻訳責任者自身も、台湾人との会話は問題なくおこえています。

それよりもむしろ、中国の地方に住んでいる人と話している方が、何を話しているのかわからなくなるようです。

このように、中国と台湾での話し言葉じたいには違いは少ないのですが、台湾語翻訳と中国語翻訳での翻訳も違いは少ないかと思うかもしれません。

しかし問題は書き言葉なのです。

中国では簡体字を使うのに対して、台湾では主に繁体字を使います。

ですので、実際の翻訳となると違いが大きくなるのです。

中国語翻訳 & Communicateは、1文字あたり6円からの格安料金の翻訳です。

1分で終わる!中国語翻訳の問い合わせ & 見積もり

お急ぎの方はお電話で!03-6868-5697(直通)

台湾語って使われてる?

実際に台湾人対応をしようとした時、基本的には文字だけなら繁体字で対応します。

簡体字では読めない台湾人もいるからです。

問題は音声翻訳の場合です。

なぜなら、上でも説明したように、台湾語の発音は中国語の発音とは大きく違うからです。

とはいえ、台湾人のほとんどは中国語(北京語)を理解できます。

いまだに台湾語を使う人はいるようですが、普段の会話で使われているのは圧倒的に中国語(北京語)です。

その為、若い人の中には台湾語で日常会話すら出来ない人も一定数いるんです。

ですので、台湾語翻訳をするとなった場合は、基本的には繁体字翻訳の中国語発音で対応すれば問題はありません。

一般的な台湾人なら、それだけで十分に対応可能なのです。

また今後は、単純な中国語翻訳や台湾語翻訳だけでなく、音声による翻訳もグッと増えてくるでしょう。

その時、中国人と台湾人向けには同じ音声ファイルを使用したので通じる為、この2ヶ国の対応はセットでおこなえばお得にすることが出来るのです。

今も今後も、中国人と台湾人は日本のインバウンド消費において非常に重要な存在です。

もしどちらの観光客にも自分のサービスやお店に興味を持ってもらいたければ、是非簡体字と繁体字両方の翻訳を依頼してみるのはいかがでしょうか?

そして彼らとの良い関係をきずきあげることで、より有利にあなたのビジネスを加速させることが出来るのです。

今後のインバウンド対策のためにも、台湾語翻訳と中国語翻訳の両方が重要といえますよ。

ページトップに戻る